2018年5月22日(火)

購読のお申し込み

株式会社 三陸新報

株式会社 三陸新報

干潟を調査する志津川高校の生徒たち

希少種など40種確認 志津川高校の生徒が松原海岸で

 志津川高校自然科学部の生徒ら20日、南三陸町志津川汐見町地内で干潟観察を行った。東日本大震災後の生態系の変化を把握することなどが目的で、希少種を含む...

ろうそく持って入場する子供たち

「良い子になります」 気仙沼市の第二保育所で花...

プレゼントを受け取る小松さん(中央右)

長寿の秘訣は「よく食べる」 気仙沼市の小松さん...

船上で説明を受ける園児

気仙沼港で園児がマグロ船を見学 漁労設備に興味...

県内初のフラップゲート 南三陸町戸倉漁港で作動試験

県内初のフラップゲート 南三陸町戸倉漁港で作動...

見頃を迎えた田束山のツツジ

深紅のツツジ咲き誇る 南三陸田束山

国道45号の通過は減っても利用客は増えた

入り込みが6%増加 道の駅大谷海岸 三陸道(大...

品薄となっている県漁協のいけす

じわり漁業者に影響 ホタテ貝毒出荷規制

実習風景を取材するシンガポール国営放送のスタッフ

シンガポールから取材陣 気仙沼向洋高校

記事一覧