2018年4月27日(木)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

国道45号の復旧完了 南三陸町志津川市街地 防潮堤機能備える

完成を祝い子供たちが渡り初め
完成を祝い子供たちが渡り初め

国道45号の復旧完了 南三陸町志津川市街地 防潮堤機能備える

 東日本大震災で被災した南三陸町志津川地内の国道45号の復旧工事が29日、完了した。
 町や住民、工事関係者らがテープカットや渡り初めを行い完成を祝った。海抜12メートルにかさ上げされた道路は、防潮堤の役割もあり、住民の安全性向上と復興の加速化に期待されている。
 開通したのは、市街地西部の水尻橋からさんさん商店街南側の交差点までの約845メートル。市街地を迂回(うかい)していた仮設国道と比べると約1キロ短縮された。