2018年4月27日(木)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

新生活に期待膨らませ 唐桑、小原木両小の統合式

統合式で校歌を斉唱する児童たち
統合式で校歌を斉唱する児童たち

新生活に期待膨らませ 唐桑、小原木両小の統合式

 気仙沼市立唐桑小学校と小原木小学校の統合式が9日、唐桑小体育館で行われた。
 両校の代表児童が、新生唐桑小での生活への期待や抱負を述べ、新たな伝統の一歩を踏み出した。
 午後に入学式を控えた1年生以外の在校生81人のほか、地域住民ら合わせて約180人が出席。式で齋藤益男教育長が「唐桑小と小原木小を統合し、唐桑小学校とする」と宣言した。
 菅原茂市長は式辞で、統合の円滑な検討に感謝し、「不安もあると思うが、少人数ではできないスポーツ、学び、遊びがあり、学校生活はきっと楽しい。誇りと自信を持って、未来へと力強く歩んでほしい」と呼び掛けた。