2018年5月22日(火)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

田植え始まる 気仙沼・本吉地方

晴天の下で田植えがスタート
晴天の下で田植えがスタート

田植え始まる 気仙沼・本吉地方

 ゴールデンウイークを利用し、気仙沼・本吉地方で田植えが始まった。水田では農家が秋の豊作を期待しながら、田植機のエンジン音を響かせている。
 5日には、気仙沼市本吉町直伝地内の水田で地元の男性(67)が作業を行った。「苗の育ちも良く、4日に雨が降ったことで水も十分ある」と顔をほころばせ、長さ15センチほどの「ひとめぼれ」の苗を田植機で植えていった。