2018年6月25日(日)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

プロ選手が楽しく指導 南三陸町でサッカー教室

子供たちとミニゲームを楽しむ佐藤選手
子供たちとミニゲームを楽しむ佐藤選手

プロ選手が楽しく指導 南三陸町でサッカー教室

 サッカー・J1名古屋グランパスの佐藤寿人選手らが10日、南三陸町を訪れ、地元スポーツ少年団の子供たちと触れ合った。
 子供たちは一流選手のプレーに目を輝かせながら、一緒にボールを追いかけた。
 日本プロサッカー選手会が東日本大震災の被災地で続けている支援活動の一環。4度目の来町となる佐藤選手をはじめ、サンフレッチェ広島の千葉和彦選手、アル・アインFC(UAE)の塩谷司選手ら5人が参加した。
 佐藤選手からリフティングを教わったFCバリエンテ本吉の菅原和学君(津谷小5年)は「足の使い方を教えてもらい勉強になった。将来は日本代表を目指したい」とうれしそうに話した。