2018年7月23日(日)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

無病息災願い 気仙沼市の平八幡神社で「茅の輪くぐり」

列を作って茅の輪をくぐる住民ら
列を作って茅の輪をくぐる住民ら

無病息災願い 気仙沼市の平八幡神社で「茅の輪くぐり」

 気仙沼市川原崎の平八幡神社(齋藤三郎宮司)の「茅の輪くぐり」夏越しの大祓が30日、神社拝殿前で行われ、地域住民らが無病息災などを願いながら茅の輪をくぐった。
 災厄を除く伝統行事で、茅の輪は、チガヤを束ねた直径約170センチ。住民50人が 左、右、左と茅の輪をくぐった。
 市内所沢の男性は(66)は「今年は暑くなるのが早かったので、無事に夏を越せるように祈った」と話した。茅の輪は3日午後5時まで。