2018年7月23日(日)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

豊漁願って北海道釧路港へ 気仙沼からサンマ小型船出港

関係者に見送られて出港する第8辨天丸
関係者に見送られて出港する第8辨天丸

豊漁願って北海道釧路港へ 気仙沼からサンマ小型船出港

 10トン未満の小型サンマ棒受け網船の漁解禁(8月1日)を前に、気仙沼港の第8辨天丸(9・7トン、6人乗り組み)が8日、北海道釧路港に向けて大浦漁港を出港した。
 乗組員の家族や知人など約50人が見守る中、午前10時に出港。「5色のテープ」を手に見送った関係者は「いってらっしゃい」「元気で」などと大きく手を振りながら、航海安全と今シーズンの大漁を願った。
 辨天丸の小野寺俊光漁労長(59)=大浦=によると、道東沖でイワシ漁を行った後、8月1日のロシア海域での解禁と同時にサンマ漁に切り替える。
 サンマ漁解禁は10トン以上20トン未満船が8月10日、20トン以上100トン未満船が同15日、100トン以上船は同20日となっている。