2018年7月23日(日)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

マイナス30度を体感 鹿折小5年生が冷凍工場など見学

マイナス30度の冷蔵倉庫内を見学する児童
マイナス30度の冷蔵倉庫内を見学する児童

マイナス30度を体感 鹿折小5年生が冷凍工場など見学

 気仙沼市立鹿折小学校の児童が12日、学区内の冷凍工場や水産加工場を見学した。気仙沼港に水揚げされた魚を商品化し、出荷されるまでを学んだ。
 冷凍工場では、説明を受けながらマイナス30度の冷凍庫に入り、保管されているマグロ類などを見て回った。水産加工場では鮮魚の箱詰めや、缶詰・レトルト商品の製造工程なども学んだ。
 女子児童は「鹿折でさまざまな商品が作られ、全国に届けられていることを誇りに思う」と話した。