2018年8月17日(金)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

ミズダコが大不漁 志津川魚市場で前年3割の水揚げ

ミズダコの水揚げが低調な志津川魚市場
ミズダコの水揚げが低調な志津川魚市場

ミズダコが大不漁 志津川魚市場で前年3割の水揚げ

 ミズダコの不漁で南三陸町の志津川魚市場の水揚げが、例年の3分の1まで減少している。
 7、8月は沖合カゴ漁によるまとまった水揚げで志津川のい魚市場は活気づくが、7月の水揚げは32・7トン、金額は3200万円。前年同期比で数量が7割近く、金額で3割以上減っている。
 地元漁船のある漁労長は「底の方の水温が高いようで、いつもタコがいる場所にいない。値段が高いから何とか操業を続けていられるが、漁次第でこれからどうなるか」と不安げだ。