2018年9月25日(火)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

唐桑町に県警本部長から感謝状 交通死亡事故ゼロ10年

山田署長から感謝状を受け取る赤川副市長
山田署長から感謝状を受け取る赤川副市長

唐桑町に県警本部長から感謝状 交通死亡事故ゼロ10年

 交通死亡事故ゼロ10年を達成した気仙沼市唐桑町に11日、県警本部長から感謝状が贈られた。気仙沼市役所での伝達式では、さらなる記録更新に向け、交通安全活動に一層取り組むことを確認した。
 伝達式には気仙沼署の山田代幸署長、市内の交通安全協会関係者ら約15人が出席。山田署長は祝辞で「栄えある記録であり、地道な交通安全運動や啓発活動のたまもの」と述べ、赤川郁夫副市長に感謝状を手渡した。
 唐桑地区での交通死亡事故は、2008年9月7日に小田地内の国道45号で発生した脇見運転による事故が最後。