2018年9月25日(火)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

稲刈りがスタート 気仙沼・本吉地方

好天に恵まれて稲刈りが始まった
好天に恵まれて稲刈りが始まった

稲刈りがスタート 気仙沼・本吉地方

 気仙沼・本吉地方で稲刈りが始まった。今季は好天に恵まれたことで生育が良く、刈り取りも例年より早まっている。きょう15日からの3連休を利用して収穫する農家が多く見られそうだ。
 晴天に恵まれた14日には、気仙沼市九条の兼業農家の男性(53)らが収穫をスタート。黄金色に実った「ひとめぼれ」を、バインダーで次々と刈り取ってはせに掛けた。
 「昨年より少し早い収穫で、出来も良い。新米の香りや味は特別なので、楽しみに待っている親戚らに早く贈りたい」と男性。気仙沼農業改良普及センターによると、同地方のピークは例年より1週間近く早い23、24日とみられている。