2018年10月15日(月)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

来春開業へ工事順調 気仙沼港の「みらい造船」朝日町施設

建設中の海上桟橋が姿を現した新造船施設
建設中の海上桟橋が姿を現した新造船施設

来春開業へ工事順調 気仙沼港の「みらい造船」朝日町施設

 気仙沼市のみらい造船が朝日町に整備している、新たな造船施設の工事が順調に進んでいる。
 メインとなる、船を上架させるための海上桟橋などが姿を現しており、全体の進捗(しんちょく)率は6割(先月末時点)に達した。
 東日本大震災で被災した市内の4造船所が合併し、進めてきた造船所の集約は、年度内の完成に向けていよいよ最終段階に入った。