2018年12月14日(金)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

南気仙沼地区に郵便局 実った署名活動

署名簿を手渡す吉田会長(左から4人目)ら=復興の会提供=
署名簿を手渡す吉田会長(左から4人目)ら=復興の会提供=

南気仙沼地区に郵便局 実った署名活動

 気仙沼市の南気仙沼復興の会(吉田久雄会長)などが20日、仙台市青葉区の日本郵便東北支社(中江紳悟支社長)を訪れ、南気仙沼地区内に郵便局の再建を求める署名簿を提出した。同社からは前向きな回答があり、今後、建設場所や時期を含めて検討していくことが決まった。
 地区内の復興が進む中、魚市場前にあった郵便局が東日本大震災で被災し、再建のめどが立っていない。復興の会は「住民生活に必要不可欠」として今年6、7月に署名活動を行った。
 この日は吉田会長や菅原茂市長など8人が訪問。2737人分の署名簿を受け取った二階堂明浩経営管理本部長は「再建させてほしい。土地が確保できれば、早急に取りかかりたい」と即答。同社が関連する物産展への出展などで、気仙沼の産業復興を支援することなども申し出た。