2018年12月14日(金)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

サケ追いかけ歓声 南三陸町で小学生がつかみ取り

サケのつかみ取りに挑戦する子どもたち
サケのつかみ取りに挑戦する子どもたち

サケ追いかけ歓声 南三陸町で小学生がつかみ取り

 南三陸町志津川の八幡川で23日、町内の小学生が、サケのつかみ取りを体験。勢いよく泳ぎ回るサケを追いかけ、歓声を上げた。
 来年2月に行われる「KODOMOラムサール」のプレ企画として町が開催。町内の4~6年生約20人が参加した。
 子どもたちは、網で囲った浅瀬に長靴で入って、逃げ回るサケを追いかけた。冷たい水の中に何度も手を突っ込み、尾や胴をつかんで引き揚げると「大きい」「重い」などと声を上げた。
 名足小4年の女子児童は「初体験で楽しかった。サケは思った以上に重く、ぬるぬるしていた」と喜んだ。採卵作業の見学やサケ料理も味わった。