2018年12月14日(金)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

患者に寄り添う看護師へ 気仙沼市医師会准看で戴帽式

ナイチンゲール誓詞を唱和する学生たち
ナイチンゲール誓詞を唱和する学生たち

患者に寄り添う看護師へ 気仙沼市医師会准看で戴帽式

 気仙沼市医師会付属准看護学校の戴帽式が30日、同校で行われた。来年4月から実習に臨む1年生30人がナースキャップを受け、ナイチンゲール誓詞を唱和するなどして決意を新たにした。
 戴帽式は、座学などで基礎学習を終えた1年生が、市内の病院や福祉施設などでの実習前に行う儀式。この日は、学生と保護者、関係者など約100人が出席した。
 学生たちは、ナースキャップを頭にかぶせてもらいナイチンゲール誓詞を唱和した。
 遠田郡美里町出身の女子学生(20)は「一つ一つ実習を積み重ね、患者さんに頼られる存在になれるように頑張っていきたい」と話した。