2018年12月14日(金)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

本吉でアザラの料理教室 元気に冬を乗り切ろう

アザラ作りに取り組む参加者
アザラ作りに取り組む参加者

本吉でアザラの料理教室 元気に冬を乗り切ろう

 気仙沼市の郷土料理、アザラを使った料理教室が5日、本吉公民館で開かれた。紅花などの薬膳食材を用い、健康で冬を乗り切るポイントなどを教わりながら調理した。
 アザラには、紅花やクコの実などの薬膳料理に用いられる食材を入れた。身体の代謝を促進させるという発酵食材の酒かす、血液をサラサラにする効果があるとされる紅花、メヌケの代わりにEPAが善玉コレステロールの活性化に役立つというサバが入り、寒さを乗り切る料理に仕上げた。
 アザラ以外にも紅花ご飯や温泉卵なども添えて全員で味わった。
 坊の倉の80歳の女性は「アザラを作る機会がなかったが、健康に良さそうな料理であることが分かった。薬膳の食材も入り、家庭でも生かせそう」と話した。