2019年2月21日(木)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

本マグロ100キロ超え 気仙沼魚市で近海船が今年初めて

久々の100キロ超えとなった本マグロ
久々の100キロ超えとなった本マグロ

本マグロ100キロ超え 気仙沼魚市で近海船が今年初めて

 気仙沼魚市場に24日、地元の近海マグロはえ縄船が漁獲した100キロを超す本マグロ1匹が水揚げされた。近海船で100キロ以上のマグロが揚がるのは今年初めて。入札ではキロ当たり7040円(1匹72万円)の値をつけた。
水揚げしたのは、第77祐喜丸(119トン)で、漁場は小笠原沖。約102キロあり、型や脂の乗りともに上々だった。近海船による100キロ超えのマグロは、昨年10月8日以来、約3カ月ぶりとなった。
 落札されたマグロは、鮮度が落ちないように氷詰めにされた後、早速豊洲市場に向けて出荷された。