2019年3月22日(金)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

老朽化で4月から休館 気仙沼市の国民宿舎「からくわ荘」

休館する「からくわ荘」
休館する「からくわ荘」

老朽化で4月から休館 気仙沼市の国民宿舎「からくわ荘」

 気仙沼市唐桑町崎浜の国民宿舎「からくわ荘」が、4月から休館することが分かった。
 施設の老朽化が顕著で、利用者に快適なサービスを提供することが困難として、指定管理者から市に申し出があった。指定管理期間満了前のため、市は今後、指定期間を2年間短縮して3月末までとする議案を、市議会の今定例会に追加提案する。
 からくわ荘は、最も古い管理棟と宿泊棟(A棟)が1968年に建設され、72年と84年に増築された宿泊棟のB棟、C棟とともに老朽化が進んでいる。市では休館後、改修や建て替え、解体など今後の方向性を検討する。