2019年3月22日(金)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

旧正門の門柱10年ぶり復活 気仙沼市鹿折小学校

再設置された、旧校舎時代の正門にあった門柱
再設置された、旧校舎時代の正門にあった門柱

旧正門の門柱10年ぶり復活 気仙沼市鹿折小学校

 気仙沼市立鹿折小学校で、校舎建て替えに伴って撤去された旧校舎時代の正門の門柱が、10年ぶりに復活した。歴代PTA会長によって南門に再設置された。
 門柱は、鹿折尋常高等小学校時代の1940(昭和15)年の卒業生が、47年に母校に寄贈したもの。旧校舎時代は、学校の脇を通る県道(気仙沼陸前高田線)沿いに設置されていた。
 歴代PTA会長会が再設置を学校側に提案。県道沿いには、現校舎(2010年完成)と一緒に整備された新たな正門が設置されたことから、南門に再設置することになった。