2019年3月22日(金)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

最後の卒業式 閉校する気仙沼市水梨小

門出の言葉を述べる水梨小最後の卒業生
門出の言葉を述べる水梨小最後の卒業生

最後の卒業式 閉校する気仙沼市水梨小

 気仙沼市内の小学校7校で15日、卒業式が行われた。
 少子化の影響で4月に松岩小と統合する水梨小学校では最後の卒業式。笹川清治校長は、7人の卒業生一人一人に証書を手渡した後、式辞で「最後の卒業生として一人一人の持ち味を発揮し、生まれ育った水梨に七色の虹を輝かせてほしい」と励ました。
 門出の言葉では卒業生が、学校行事や委員会活動などの思い出を振り返り、「お父さん、お母さん、後輩の皆さん、地域の皆さん、先生方、お世話になった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱい」などと、1人ずつ作文を朗読。「水梨小最後の卒業生として、誇りを持って生きていきたい」と語った。