2019年4月18日(木)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

「老朽化には勝てない」 気仙沼市の「からくわ荘」休館

3月末で休館した国民宿舎「からくわ荘」
3月末で休館した国民宿舎「からくわ荘」

「老朽化には勝てない」 気仙沼市の「からくわ荘」休館

 気仙沼市唐桑町崎浜の国民宿舎「からくわ荘」が、3月31日で休館した。施設の老朽化が要因。
 最も古い棟が1968に建設され、築50年以上が経過していた。旧唐桑町時代から小規模な修繕を繰り返していたものの、抜本的な老朽化対策はなかった。
 100人規模が一度に収容できる町内唯一のコンベンション施設としても愛された。事業者は「著しい老朽化には勝てなかった。多くの人に必要とされながら撤退することになり申し訳ない」と話している。