2019年4月18日(木)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

来年4月開校へ地鎮祭 調理師育成の気仙沼リアス専門学校

地鎮祭であいさつする齋藤理事長
地鎮祭であいさつする齋藤理事長

来年4月開校へ地鎮祭 調理師育成の気仙沼リアス専門学校

 気仙沼市南町地区に来春の開校を目指している気仙沼リアス調理製菓専門学校の校舎建設に向けた地鎮祭が3日、現地で行われた。
 茨城県古河市の学校法人晃陽学園(齋藤行信理事長)が開設準備を進めている。仮称・調理師学科を設置し、専門課程(昼間部2年制)と高等課程(同1年制)を開設する計画で、定員はそれぞれ40人。来年4月1日の開校を目指して今年9月以降に学校設置の認可申請を行い、その後、学生を募集する予定だ。
 来年1月下旬までに鉄骨4階建ての校舎を新築し、総合調理実習室や調理実習室、普通教室(3室)、自習室、図書室などを設ける。