2019年4月18日(木)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

「南小」校歌を全国で演奏 気仙沼生まれの指揮者・木村さんが4年ぶり古里で

南気仙沼小の校歌で指揮をとる木村さん
南気仙沼小の校歌で指揮をとる木村さん

「南小」校歌を全国で演奏 気仙沼生まれの指揮者・木村さんが4年ぶり古里で

 東日本大震災で閉校した旧南気仙沼小学校(南小)の校歌を、自身の指揮のもと、オーケストラなどを通して全国各地で演奏している指揮者がいる。
 福岡県在住の木村厚太郎さん(37)で、先日は同校跡地に建った南郷コミュニティセンターで、音楽仲間とともに校歌を披露。4年ぶりに思い出の地で指揮をとり、住民を励ました。
 木村さんは、母親が気仙沼市出身で、自身も気仙沼で生まれた。母親が旧南気仙沼小学校の1回生だったという縁で震災後、閉校した同校の校歌を全国の人たちに知ってもらう活動を続けている。