2019年4月18日(木)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

元ヤクルトの八重樫さんが指導 南三陸町で野球教室

プレーの基本を指導する八重樫さん
プレーの基本を指導する八重樫さん

元ヤクルトの八重樫さんが指導 南三陸町で野球教室

 仙台市出身で、プロ野球・ヤクルトスワローズの捕手として活躍した八重樫幸雄さんによる野球教室が6日、南三陸町の平成の森球場で開かれ、野球クラブの5、6年生メンバーに指導した。
 八重樫さんは仙台商業高時代、強打の捕手として、佐藤仁町長とともに甲子園に出場した。
 主将の志津川小6年阿部宏祐君は「バッティングの時の首の向きをアドバイスしてもらい、打球が伸びた。優しく教えてもらえたことが心に残った」とプロの指導に目を輝かせた。
 八重樫さんは「子供たちには野球を大好きな気持ちを忘れずにいてほしい。ここから将来のプロ野球選手が生まれることを願っている」と話した。