2019年6月25日(火)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

楽しくつるし雛作り 気仙沼市で教室

つるし雛作りに取り組む参加者
つるし雛作りに取り組む参加者

楽しくつるし雛作り 気仙沼市で教室

 気仙沼市の階上公民館で4日、「つるし雛教室」が開かれた。地区民が世間話に花を咲かせながら取り組んだ。
 東日本大震災後から毎年恒例で、今年4回シリーズで、端午の節句をイメージした作品を仕上げていく。この日は桃太郎の人形を制作。ちりめんや打ちひもなどを材料に、針と糸で丁寧に生地を縫っていた。
 1年目から教室に参加している女性(82)=長磯鳥子沢=は「つるし雛に興味があって参加している。毎年違うテーマの作品に取り組むのが楽しみ」と話した。作品は公民館祭りなどで飾られる。