2019年6月25日(火)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

しめ縄にツバメの巣 本吉でひなもにぎやか

しめ縄の上にできたツバメの巣 
しめ縄の上にできたツバメの巣 

しめ縄にツバメの巣 本吉でひなもにぎやか

 気仙沼市本吉町長根の運送会社「ロードマスター」(齋藤江利社長)で、事務所内の神棚にあるしめ縄にツバメが巣を作った。
 ツバメは3年ほど前から毎年飛来しており、しめ縄を新しくしても同じ場所に営巣するという。今年は4月下旬から巣作りが始まり、今は生まれたばかりのひな鳥4羽が、エサを求めて口を広げている。
 女性従業員(44)は「ツバメの巣は縁起が良いと言われるが、こんな場所にできるとは。ひながしっかり育って巣立ってほしい」と話している。