2019年7月21日(土)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

3日ぶり巻き網カツオ 日曜開場の気仙沼魚市場

久々に型の良いカツオが揚がった気仙沼魚市場
久々に型の良いカツオが揚がった気仙沼魚市場

3日ぶり巻き網カツオ 日曜開場の気仙沼魚市場

 今年2度目の日曜開場となった気仙沼魚市場に7日、巻き網船のカツオが3日ぶりに水揚げされた。型が良い上に、近場の漁場で漁獲された新鮮なものとあって、買い受け人の声も弾んだ。
 水揚げしたのは、巻き網船の第31日東丸(325トン)と、運搬船の第16大師丸(385トン)で、計38トン。いずれも、気仙沼まで5、6時間の塩屋埼沖周辺で漁獲した。需要が多い中小サイズ以上のカツオが目立った。
 今シーズンは一本釣り船同様、巻き網船もカツオ漁は苦戦しているだけに、漁船関係者は「状況は依然として厳しいが、これからに何とか期待したい」と話した。