気仙沼の天気を確認2019年09月18日(水)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

海難事故根絶誓う 唐桑町で海の殉難者慰霊祭

海に殉じた故人をしのび焼香
海に殉じた故人をしのび焼香

海難事故根絶誓う 唐桑町で海の殉難者慰霊祭

 気仙沼市唐桑町で30日、海の殉難者慰霊祭が開かれ、海上で亡くなった人や東日本大震災で犠牲になった唐桑地区の819柱のみ霊(みたま)を慰め、海難事故の根絶を誓った。
 慰霊祭は、漁火パーク近くの向ケ森慰霊碑を前に営まれた。雨が降る中、遺族や漁業関係者など約100人が参列。読経に続き、唐桑町海の殉難者慰霊碑保存会の小山信義会長が「海で亡くなられたみ霊を思うと悲しみがつのる。漁船漁業は機械化が進み、安全性は大幅に向上したが、海難事故はなくならない。これからも一人一人が事故の未然防止に向けていく」と述べた。
 参列者は焼香し、慰霊碑に向かって手を合わせ、故人の冥福を祈るとともに、海難事故の根絶と水産業のさらなる発展を誓った。