気仙沼の天気を確認2019年09月18日(水)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

相互交流や食で親睦 気仙沼で技能実習生と市民

日本文化の体験を通して交流を深め合った
日本文化の体験を通して交流を深め合った

相互交流や食で親睦 気仙沼で技能実習生と市民

 気仙沼市在住の外国人技能実習生と市民による国際文化交流会「ベルサマ気仙沼」が8日、市まち・ひと・しごと交流プラザで開かれた。伝統文化や食を通して仲を深め合った。
 水産加工会社、縫製会社などで働くインドネシア、ベトナムなどの実習生と市民合わせて約150人が参加。実習生は、茶道、書道、着物の着付けなどを体験した。書道では筆で自分の名前を書いたほか、和服に身を包み、会場周辺を散策したり、写真に収めたりした。
 気仙沼高校生はカツオを使ったギョーザなどを提供。実習生は、焼きそばに似たミーゴレン、生春巻きなどのほか、インドネシア料理に使われる辛味調味料「サンバル」も作り、互いの国や地域の食を味わった。