気仙沼の天気を確認2019年10月23日(水)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

気仙沼大川でサケ漁スタート 不漁予測も初日は上々

大川での初日のサケ漁
大川での初日のサケ漁

気仙沼大川でサケ漁スタート 不漁予測も初日は上々

 気仙沼市大川で9日、気仙沼・本吉地方のトップを切って今季初となる捕獲作業が行われた。遡上(そじょう)は11月上旬がピークとみられ、捕獲は来年1月まで。
 昨年より4日早く、初日は雄、雌合わせて例年並みの215匹を捕獲した。過去最低水準の厳しい不漁予測が出される中、上々のスタートに関係者も安堵(あんど)の様子だった。
 捕獲は採卵・授精してふ化させ、稚魚を放流するのが目的。気仙沼鮭漁業生産組合の管野幸一組合長は「初日としては良い感じの出足であり、安心した。今季は近年にない不漁予想なので心配している。何とか目標数量を達成できるよう順調な捕獲を願っている」と話した。