気仙沼の天気を確認2019年11月18日(月)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

8900人参加し津波総合訓練 気仙沼市

避難所をつくり、応急処置法を確認する参加者(松岩中)
避難所をつくり、応急処置法を確認する参加者(松岩中)

8900人参加し津波総合訓練 気仙沼市

 気仙沼市で3日、津波総合防災訓練が行われた。松岩中学校を主会場に市内各自治会や関係機関・団体から約8900人が参加し、大規模災害発生への対応策、救助方法などを確認して万が一の事態に備えた。
 「津波防災の日」(5日)に合わせて毎年実施している。松岩中学校では、生徒や地域住民、消防関係者など約300人が参加。生徒らが体育館に避難所を開設し、避難名簿をつくるなど運営方法を確認した。
 家族総出で参加した三峰の男性(38)は「東日本大震災から時間が経過し、防災への意識も薄くなっている。コミュニケーションをとりながら取り組むことができ、地域の防災力を高められたと思う」と話した。