気仙沼の天気を確認2019年12月14日(土)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

サワラ異例の豊漁 気仙沼魚市場で前年6倍

連日のように水揚げされているサワラ
連日のように水揚げされているサワラ

サワラ異例の豊漁 気仙沼魚市場で前年6倍

 気仙沼魚市場で、サワラが異例の豊漁に沸いている。本来は南の海域で春に漁獲されることが多いが、数量はすでに前年実績の6倍。買い受け人も「これほど揚がるのは記憶にない」と驚くほどだ。
 サワラは、漢字で「魚」偏に「春」と書く通り、本来は春から初夏にかけて旬を迎える。東シナ海など、南の海域で漁獲される暖流系の魚だ。
 気仙沼漁協によると、21日現在の水揚げ量は37トンで、昨年の累計数量(6・3トン)を約31トン上回っている。