気仙沼の天気を確認2019年12月14日(土)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

三陸沖サバ漁好調 気仙沼魚市場で巻き網船の水揚げ急増

サイズも大振りが目立ってきた
サイズも大振りが目立ってきた

三陸沖サバ漁好調 気仙沼魚市場で巻き網船の水揚げ急増

 三陸沖での巻き網船のサバ漁が、ようやく本格化してきた。近場に濃い群れが形成されたことで、気仙沼魚市場では27日、512トンの水揚げがあった。
 漁場は岩手県宮古沖と、歌津・志津川沖の2カ所に分かれており、気仙沼までは片道1時間半ほど。ピストン操業が可能な距離だという。
 市場関係者からは「サバは水揚げ額への貢献度が大きい。サンマなどの不漁で魚市場の暦年実績が厳しい中、何とかサバで巻き返してほしい」と話している。