気仙沼の天気を確認2020年02月29日(土)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

強風で例年の半分以下 気仙沼のコクガン

コクガンの飛来数を調べる(杉ノ下漁港)
コクガンの飛来数を調べる(杉ノ下漁港)

強風で例年の半分以下 気仙沼のコクガン

 日本野鳥の会県支部は9日、国の天然記念物であるコクガンの飛来数などを確認する一斉調査を行った。例年、飛来数が多い気仙沼、南三陸町でも会員がスコープなどを手に定点スポットを回り、防潮堤工事などによる生息環境の変化も記録した。
 津谷川から面瀬川までのエリアでは、風が強かったため、例年なら群れが確認されるスポットにもコクガンがいないケースが多かった。防潮堤工事のために立ち入りできず、調査できないスポットもあった。
 調査に参加した会員によると、市内では県内の約半分に当たる500羽ほどが確認できた年もあるという。「コクガンの生態は不明なところが多く、荒天時の避難場所も分かっていない。調査前にはもっと多く確認できていたが、今回は例年の半分以下だった」と話していた。