気仙沼の天気を確認2020年03月30日(月)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

復興ラストスパート 不明者発見年々厳しく 気仙沼・南三陸

津波で大型漁船が打ち上げられた鹿折地区。街並みは変わった 
津波で大型漁船が打ち上げられた鹿折地区。街並みは変わった 

復興ラストスパート 不明者発見年々厳しく 気仙沼・南三陸

 東日本大震災の発生から、きょう11日で9年。大地震、大津波でまちを失った気仙沼市、南三陸町では、いま

だ425人が行方不明のままだ。午後2時46分、犠牲者を追悼し、10年目へと進む。
 県の発表によると、2月末現在、気仙沼市の震災による死者数が1218人、行方不明者が214人。南三陸町

は死者が620人、行方不明者が211人となっている。両市町の死者、行方不明者の数は昨年2月末と同じ。気

仙沼、南三陸両署や気仙沼海上保安署、ボランティア団体などが沿岸部で捜索活動を続けているものの、時間の経

過とともに手掛かりの発見が難しくなっている。
 人口は気仙沼市が震災前から1万1861人(16%)減って6万2386人。南三陸町は5016人(28・

4%)少ない1万2650人。