気仙沼の天気を確認2020年03月30日(月)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

宮城県漁協が撤退意向 志津川魚市場の運営

県漁協志津川支所が運営を担っている志津川魚市場
県漁協志津川支所が運営を担っている志津川魚市場

宮城県漁協が撤退意向 志津川魚市場の運営

 南三陸町の志津川魚市場を運営してきた県漁協志津川支所が、2、3年後をめどに市場運営を手放したい意向であることが12日、分かった。
 働き方改革が進む中、慢性化している職員の長時間労働の解消が難しいことなどが主な理由。市場を設置する町は、新年度予算に調査費用を計上し、今後の運営形態の在り方について探っていく考えだ。
 町農林水産課によると、株式会社や第3セクター、町直営などが柱になるとみられるが、詳細はこれから。佐藤仁町長は「漁協としての事情は受け止める。水揚げ状況などをみながら、どのような運営がいいのか検討していきたい」と話した。