気仙沼の天気を確認2020年03月30日(月)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

安全操業と大漁を祈願 大谷の日門網が番屋入り

安全操業と大漁を祈願した番屋での神事
安全操業と大漁を祈願した番屋での神事

安全操業と大漁を祈願 大谷の日門網が番屋入り

 気仙沼市本吉町大谷沖で定置網漁を行っている日門網が13日、番屋入りした。神事を行い、関係者が安全な操業と大漁を祈願した。
 大谷沖の約2キロに網を仕掛け、漁を行っている日門網。東日本大震災で被災したが、2013年秋に復活した。
 網の手入れなどを今月中に終え、4月中旬頃に初起こしを予定している。及川善正大謀は「昨年はサケの不漁で大変なシーズンだったが、今季は期待したい。安全に網を起こせる日が、一日でも長く続くことを願っている」と話した。