気仙沼の天気を確認2020年07月04日(土)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

朝ドラ舞台で連携強化 気仙沼市と登米両市の観光団体

連携を確認した加藤会長(右)と猪股会長
連携を確認した加藤会長(右)と猪股会長

朝ドラ舞台で連携強化 気仙沼市と登米両市の観光団体

 来春放送予定のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の舞台に、気仙沼、登米両市が決まったことを受けて、気仙沼観光コンベンション協会の加藤宣夫会長が24日、登米市観光物産協会を訪れ、猪股育夫会長と懇談。ドラマを起爆剤とした今後の観光誘客に向けて、相互連携を強化していくことを確認した。
 両協会はこれまで具体的な交流はなかった。気仙沼、登米のロケ地を巡る観光コースの設定や旅行商品の開発などを想定している。
 加藤会長は「登米市でも千載一遇のチャンスととらえている。放送開始後、全国から注目されるロケ地となるよう、市や団体の垣根を越えて観光誘客に取り組みたい」と話している。