気仙沼の天気を確認2021年02月28日(日)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

気仙沼・大島に英語の津波碑 昭和の三陸大地震後建立

津波を知らせる石碑
津波を知らせる石碑

気仙沼・大島に英語の津波碑 昭和の三陸大地震後建立

 気仙沼市大島の長崎地内に、一部英語で書かれた珍しい石碑がある。昭和8年の三陸地震津波後に青森、岩手、宮城県で建てられた100碑のうち、英語で書かれているのはこの石碑だけという。
 石碑の上部には「MEMORIAL OF THE GREAT EARTH QUAKE AND TIDAL WAVE(大地震と大津波の記念碑)」と表記されている。
 その下には漢文で、明治と昭和の大津波の被害模様などが記されているが、昭和三陸地震では前回よりも被害が少なかったことを伝え「前回の津波の教訓により、防備を完全なものとし、心構えしていた結果である」「同胞は助力を惜しまなかったので早く復旧できた」(神奈川大学前田禎彦教授による現代語訳)と、当時の防災をたたえている。