気仙沼の天気を確認2021年05月09日(日)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

本吉軽トラ市始まる

にぎわう軽トラ市
にぎわう軽トラ市

本吉軽トラ市始まる

 新鮮な地場産品などを販売する「本吉軽トラ市」が10日、気仙沼市の三陸道本吉パーキングエリアで開かれた。今年の初回で、開始直後から野菜などを買い求める人でにぎわった。
 本吉農林水産物軽トラック販売者の会(阿部友治会長)が、2019年から始めた。3年目の今年は、買い物客らの要望を受けて開始時間を昨年当初より1時間早めて午前9時からとした。今回は、会員約15人が軽トラック4台に合同で商品を積んで販売。チヂミホウレンソウやユキナなどの野菜、山菜を中心に、がんづき、ヨモギ大福などの総菜、野菜、花の苗などが並び、買い物客の目を引いていた。
 モーランド本吉の移動販売車では、ババロアやヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品が人気を集めた。
 夫婦で訪れた陸前高田市の60代女性は「昨年も何度か利用したので、再開はうれしい。新鮮な野菜が安く手に入ったので、料理するのが楽しみ」と話した。今後は12月までの毎月第2、第4土曜日に継続して開催していく。次回は24日午前10時から。