気仙沼の天気を確認2021年05月09日(日)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

歌津で珍しい白いヒラメ

左が白いヒラメ
左が白いヒラメ

歌津で珍しい白いヒラメ


 南三陸町歌津の田の浦沖で20日、表面が白いヒラメが上がった
 捕獲したのは、歌津管の浜、漁業三浦正さん(75)。午前5時ごろ、前日に仕掛けた刺し網の中に、アイナメやカレイとともに表裏が白い50センチほどのヒラメが取れた。
 若いころは遠洋マグロ漁船員として世界の海を巡り、漁師歴60年になる三浦さんだが「一瞬、何が入っていたのか分からなかった。裏も表も白いヒラメは初めて見た」と驚く。
 南三陸町自然環境活用センターによると、色彩異常のまま成長したものとみられる。放流稚魚の中には、ストレスで色が抜けてしまうものもあるというが「非常に珍しい」と同センターの阿部拓三研究員。気仙沼水産試験場でも「県内での報告は過去に2、3件あるぐらい」という。
 21日にも南三陸地方卸売市場に出荷する予定だが、三浦さんは「ギョッとする値段が付かないかな」と笑いながら、ヒラメをいけすに戻した。