気仙沼の天気を確認2021年05月09日(日)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

一日も早い入港願い 今年もカツオのぼり

魚市場前に掲げられたカツオのぼり
魚市場前に掲げられたカツオのぼり

一日も早い入港願い 今年もカツオのぼり

 気仙沼市魚市場前に、今年もカツオのぼりがお目見えした。一本釣り船、巻き網船の一日も早い入港と大漁の願いが込められ、澄み切った青空の中で悠々と泳いでいる。
 掲げているのは、カツオ船などの漁船乗組員の利用が多い「酒のサイシン市場前店」(菊地幸広店長)。2015年から毎年続けており、傷みが激しくなると鹿児島県枕崎市の業者から取り寄せて新調している。
 今年は今のところ2匹を揚げており、両方とも長さは4メートルほど。青く、横じまが入っているのが特徴だ。
 一本釣り船は現在、伊豆諸島付近などで操業し、房州勝浦を中心に水揚げを続けている。例年通りなら5、6月に、気仙沼に第1船が入港する。
 菊地店長は「今年も入港を歓迎する意味を込めて揚げた。一日も早く来てたくさん水揚げをしてほしい」と話している。