気仙沼の天気を確認2021年05月07日(金)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

唐桑ビジターセンターが産金の歴史紹介

産金の歴史や文化を紹介
産金の歴史や文化を紹介

唐桑ビジターセンターが産金の歴史紹介

 気仙沼市の唐桑半島ビジターセンターで、金にまつわる地域の歴史や文化を発信する事業「みちのくGOLD浪漫」に関する展示会が開かれている。気仙沼市、南三陸町など構成5市町の産金の歴史などをパネルや動画で紹介している。
 同事業は、「黄金の国ジパング、産金はじまりの地をたどる」をテーマにした歴史的ストーリーが文化庁から評価され、2019年度に日本遺産に認定された。
 展示では、日本最大の自然金・モンスターゴールドを産出した気仙沼市、「日本の金発祥の聖地」とされる涌谷町などの産金の歴史・文化を写真や文章のほか、実際に採掘に使ったハンマーなどの道具を紹介している。
 事業のPR動画、金との関係が深い「古舘鈴木家住宅」「大漁唄込」を観光客向けに紹介する、立て看板とつるしの旗も設置されている。展示は10月31日まで。