気仙沼の天気を確認2021年06月23日(水)

購読のお申し込み
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

少年消防クラブ 階上中で発足式

決意表明を述べる村上さん
決意表明を述べる村上さん

少年消防クラブ 階上中で発足式

 気仙沼・本吉地方の小中学校で、少年消防クラブの発足式が行われている。4日には階上中学校(田中謙校長)であり、生徒たちが災害時に活躍する人材となるため訓練に励んだ。
 少年消防クラブは防火・防災思想の普及を図ることを目的に、小中学生、高校生で結成されている自主組織。管内では14校で組織されており、階上中は2005年に発足した。
 この日は地震を想定した避難訓練の後、入団式が行われた。全校生徒103人を前に、気仙沼消防署の戸羽一明署長は「津波、地震だけでなく、最近は大雨による被害も増えている。自分の命を自分で守れる力を身につけ、いざというときには自分の意志で動けるよう人になってほしい」とあいさつ。
 規律訓練では同署員の指導で「気をつけ」、「休め」、「敬礼」などを実践。一つ一つの動作に気を配り、緊張感を持って取り組んでいた。
防災クラブ代表の村上真優さん(3年)は「未来の防災戦士を目指し、精進することを誓います」と決意表明を述べ、入団する生徒の名簿を戸羽署長に手渡した。