気仙沼の天気を確認2021年08月04日(水)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

大谷海水浴場11年ぶり再開

水しぶきを上げて楽しむ子供たち
水しぶきを上げて楽しむ子供たち

大谷海水浴場11年ぶり再開

 気仙沼市本吉町の大谷海水浴場が17日、東日本大震災前以来年ぶりに再開。市内外から多くの海水浴客が訪れ、砂浜に歓声が戻った。同日には市内の小泉、南三陸町のサンオーレそではまも2年ぶりに開設した。
 この日の最高気温は気仙沼で29・8度(午後0時27分、仙台管区気象台)、南三陸町志津川では33・4度(同3時19分)の真夏日で、ともに今季最高気温を記録する絶好の海水浴日和となり、各海水浴場は大にぎわい。
 大谷では、子供たちが水着や浮輪を身に着けてはしゃいだり、砂遊びを楽しんだりして海を満喫。砂浜ではビーチパラソル、テントが並び、海を眺めながらくつろぐ家族連れの姿も多く見られた。
 22日には大島・小田の浜もオープンする。開設期間は4海水浴場とも来月22日まで。