気仙沼の天気を確認2021年08月04日(水)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

海の市でおかえりモネ展

22日から始まる「おかえりモネ展」
22日から始まる「おかえりモネ展」

海の市でおかえりモネ展

 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の番組展が、22日から気仙沼市の海の市2階「UMI-ICHIホヤぼーやホール」で始まる。
 ドラマ主題歌「なないろ」が流れる会場には、ヒロイン・永浦百音を演じる清原果耶さんをはじめ、出演者の巨大写真や気仙沼ロケの様子などを展示。写真は高さが2~3メートルあり、これまでの番組展では例がない大きさだ。
 中央部には、オープニング映像でモネが駆け抜けるシーンで使われた七色の布を装飾。布の間に入り、記念撮影することもできる。
 ドラマの小道具などを含め、館内は全て写真撮影が可能。出演者になり切って写真を撮れるスポットが多く、SNS映えしそうだ。個人でもグループでも楽しめる内容となっている。
 20日にマスコミ向けの内覧会があり、主催するNHKサービスセンターは「巨大ビジュアルは気仙沼ならでは。多くの人にドラマの世界観を楽しんでほしい」と話した。
 入場無料。午前8時30分から午後6時(9月以降は午後5時)。