気仙沼の天気を確認2021年08月04日(水)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

本吉町の山田大名行列組合が疫病退散願い神事

玉串をささげる遠藤組合長
玉串をささげる遠藤組合長

本吉町の山田大名行列組合が疫病退散願い神事

 気仙沼市本吉町の山田大名行列組合(遠藤一男組合長)が21日、御嶽神社で疫病退散祈願の神事を行った。新型コロナウイルス感染防止のため来年に見送った、創設200年記念の公開演技に向けて一日も早い終息を願った。
 市無形民俗文化財の「山田大名行列」は、江戸期に山田地区で疫病が発生した際、同神社に祈願したところ収まったことから創作された。その後は報恩感謝として3年ごとに奉納演技を続けている。
 この日は遠藤組合長ら8人が参列。熊谷淸子宮司の祝詞に続き、玉串をささげて新型コロナ退散を祈願した。
 遠藤組合長は「疫病終息に端を発する演技であり、来年までに終息していればふさわしいものになる。出場者、観客の全員が喜んで参加できる状態になることを願いたい」と話した。