気仙沼の天気を確認2021年09月26日(日)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

秋の七草オミナエシ鮮やかに咲く

咲き誇るオミナエシ
咲き誇るオミナエシ

秋の七草オミナエシ鮮やかに咲く

 気仙沼市本吉町外尾の及川たへ子さん(81)方で、オミナエシが庭先の一角を埋めるように咲き誇っている。キキョウやハギなどと並ぶ「秋の七草」の一つで、鮮やかな黄色の花が秋の訪れを告げている。
 及川さんによると、東日本大震災で自宅を再建した2013年に、被災前に育て、自宅跡地でも咲き続けていたオミナエシの苗を10本ほど採取し、庭に移殖。多年生の山野草とあって生命力が強く、自然と広がっていった。
 墓前に供える花としても知られ、盆や彼岸に花が咲いているときは知人に配るという。及川さんは「花を喜んでもらえるとうれしい。花は1、2週間ほどで散りそうだが、その後に残る実もかわいらしいので楽しみ」と話している。