気仙沼の天気を確認2021年09月26日(日)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

秋風に揺れる 秋明菊

秋の訪れを告げるシュウメイギク
秋の訪れを告げるシュウメイギク

秋風に揺れる 秋明菊

 気仙沼市松崎片浜の「煙雲館」で、シュウメイギクが見頃を迎えている。真っ白な可憐な花が、涼やかな風に揺られている。
 キンポウゲ科だが、秋にキクのような花を咲かせることから、漢字で「秋明菊」と記される。同館では40年ほど前に、茶道の富田宗芳先生(故人)から譲り受け、庭に植えたのが始まりという。
 今年は8月中旬ごろに咲き始め、今月に入って見頃を迎えた。すらりと伸びた茎の先に咲く、純白な花が季節の移ろいを告げている。
 鮎貝文子館主は「咲くたびに先生を思い出す」と目を細め、「この花が咲くと、秋が来たのだと実感する。清らかな気持ちにしてくれる」とほほ笑む。