気仙沼の天気を確認2021年09月26日(日)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

「モネ」色の短冊に願い事

青空に映えるモネ色の短冊
青空に映えるモネ色の短冊

「モネ」色の短冊に願い事

 気仙沼市大島の大嶋神社(小松勝麿宮司)で、NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」の公式ロゴの色合いに合わせて、カラフルな短冊が400枚ほど飾られている。
 七夕の時期に合わせて7月に設置。「家族で健康に過ごせますように」や、子供の文字で「一りん車がうまくなりますように」などと、日常の願い事、思いが目立つ。
 10日、「おかえりモネ」で及川亮役を演じている永瀬廉のファンだという茨城県から訪れた女性は「りょうちんが幸せになりまように」と短冊を結んでいた。
短冊は、小松宮司と妻の咲枝さんが気楽に願い事を書いてほしい―という思いから作った。デザインは2人が手掛け、短冊は大島の山や海などの自然を描いている。
 小松宮司は「気軽に願い事を書ける短冊。日常の中で浮かぶ思いをぜひ書いてみて」と話している。